!DOCTYPE HTML> 児童発達支援 | ゆうしん 児童発達支援 放課後等デイサービス 大阪市 天王寺区 寺田町

児童発達支援

障害児通所支援とは、障害児を支えるための児童福祉法に基づく制度です。
それは自宅から施設に通ってサービスを受けるタイプの事業の総称で、未就学児を対象とした児童発達支援を6歳までお預かりします。

受給者証があると各施設と契約できるようになり、国と自治体から利用料の9割が給付され、自己負担1割でサービスを受けられます。利用した日数に応じた1割負担分の利用料を支払いますが、前年度の所得によりひと月に保護者が負担する額の上限が決められているので、利用する日数が多くても下記の金額以上の負担は発生しません。また、自治体によっては独自の助成金がある場合もありますので、お電話やメールでお問い合わせ頂ければ、見学も含め、親切に対応させて頂きます。

私ども児童発達支援ゆうしんは、小さなお子様を夜、8時までお預かりし、ご希望の場所へお送りさせて頂いています。

ここは保育園とも連動しますので発達検診後、保育園からの移行もでき、スムーズに18歳までサポートさせて頂きます。

児童発達支援の利用

  • 受給者証について

    児童発達支援を利用するための「受給者証」についてご説明します。
    児童発達支援は療育手帳を取得していない児童さんでも、受給者証があれば利用することができる福祉サービスです。
    福祉サービスのなかでは「障害児通所支援」に該当します。
  • 受給者証とは?

    児童発達支援を利用するためには市町村自治体から交付される受給者証が必要です。
    受給者証には保護者と児童の住所、氏名、生年月日、利用できるサービスの種類、その利用できる支給量(日数や時間数)が記載されます。
    受給者証には2種類あり、「福祉サービス」を受けるためのものと「医療」を受けるための受給者証があります。
    療育手帳(愛の手帳、みどりの手帳)との違いは、療育手帳は障害名や程度を証明するために都道府県が発行しているものですが、受給者証は福祉や医療サービスを利用できる証明として市町村が発行しているものです。
  • 支給量とは?

    支給量とは、福祉サービスを利用できる日数や時間数のことです。
    例えば支給量が「20日/月」と受給者証に書かれている場合は「ひと月当たり最大20日まで児童発達支援を利用できますよ」という意味です。
    利用料の9割を自治体が負担するので、月に何日利用できるかは自治体の福祉課と相談をして決めることになります。自治体ごとに判断が異なる場合もあるので、お子さんの特徴や利用を考えた経緯、希望する利用時間や日数を詳しく伝えてください。

受給者証をもらうための流れ

  • 放課後等デイサービス・児童発達支援を見学

    気に入った施設を見学
  • 住んでいる自治体の行政の福祉窓口に申請

    申請は複数を利用希望でもかまわないので、うち1つを基本として行ってください
  • 必要書類(医師の診断書やサービス等の利用計画案)を作成して提出

    「サービス等利用計画案」とは月にどのくらいのサービスの利用を必要としているか等を記載します。行政の福祉の窓口に紹介された指定相談支援事業者に依頼して作成することもできますし、保護者自身で作成する場合もあります。
  • 市の調査員によるヒアリング

  • 支給決定と受給者証の交付

    引っ越しをする場合、もう一度受給者証の申請が必要です。同じ区内でも住所の変更届をしてください。

自己評価結果 令和元年度